世界の光技術を通じて、お客様やパートナーと共存共栄を実現し、化学技術と産業の発展に貢献します。 社長からのメッセージはこちら

メディア掲載実績

2017年8月4日

【点描ニッポン】離職ほぼゼロ 赤字なし・雇用を守り社員を伸ばす

(中國新聞 平成29年6月5日(上)、平成29年6月19日(下) 『点描ニッポン』 :株式会社中国新聞社 発行)
【点描ニッポン(上)】人を大切にする経営―離職ほぼゼロ 赤字なし【点描ニッポン(下)】会社の存在目的―雇用を守り社員を伸ばす
「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」という長い題名のビジネス書が評判だ。著者は社員約50人の業務用レーザー機器専門商社「日本レーザー」の近藤宣之社長。前著「ビジネスマンの君に伝えたい40のこと」に続くベストセラーで講演に引っ張りだこだ。近藤氏に人を大切にする経営の心を聞いた。 続きを読む

(1107KB)
2017年7月31日

ビジネスリーダー・1万人が選ぶ「TOPPOINT大賞」およびベスト10冊

( 月刊「TOPPOINT(トップポイント)」2017年8月号『ベストビジネス書 TOPPOINT大賞 2017上半期』掲載記事 : 株式会社パーソナルブレーン 発行)
2017年上期に「TOPPOINT(トップポイント)」で紹介された60冊の中で、読者投票によるベスト10冊の中の9位に選ばれました。10冊のうち6冊までが外国人のビジネスマン(カルロス・ゴーン、P.F.ドラッカー、アンドリュー・S・グローブ等)による本でした。 続きを読む

(1123KB)

ありえないレベルで人を大切にしたら 23年連続黒字になった仕組み

( 月刊「TOPPOINT(トップポイント)」2017年5月号『This Month’s Best Reads』掲載記事 : 株式会社パーソナルブレーン 発行)
毎月10冊の良書を要約紹介する日本版リーダーズダイジェスト、月刊「TOPPOINT(トップポイント)」2017年5月号に「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」(代表取締役社長 近藤宣之 近著)の要約が掲載されました。 続きを読む

(1715KB)

人を大切にするダイバーシティ経営 -進化した日本的経営とは

( 「月刊福祉」2017年6月号【特集 働き方を考える -多様な人材を生かす職場づくり】インタビュー 人を大切にするダイバーシティ経営 -進化した日本的経営とは- 掲載記事 : 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 発行)
近藤 そうなんです。今、派遣社員や嘱託社員も含めて全員が株主になっています。だから当事者意識はありますが、それでも会社の雰囲気が悪ければ辞めてしまうでしょう。次のステージを考えると、「会社から大切にされている実感」が必要だと思っています。 続きを読む

(1975KB)
2017年7月1日

「ありえない~」数々の実例の積み重ねが23年連続黒字を実現

( 『経済界』 2017年8月号 特集 会社が変わる時 著者インタビュー 掲載記事 :株式会社経済界 発行)
紆余曲折を経て私が辿り着いた結論は、「人を大切にする経営」の実践こそ、会社を再建・成長させるたった一つの方法だということです。 続きを読む

(547KB)